2015年05月23日

ロト6で使われる用語とは?について

みなさんは、ロト6で使われる用語について知っていますか?

どの業界においても、そうだと思いますが、やはりその業界独自の言葉は存在するのです。

そう見ると、やっぱり宝くじでもロト6でも、独自に使われている用語があるので、少し挙げてみたいと思うのです。

【本数字】
ロト6では、よく使われる言葉の1つです。

この本数字が、抽選時に当選対象となる数字になるのです。

【ボーナス数字】
ロト6の抽選では、数字が7つ選ばれているのです。

この7個目に選ばれた数字をボーナス数字と言うのです。

このボーナス数字が使われるのは、2等の時で、ボーナス数字1つと、本数字5つで、計6つ当たっていて2等と言う事です。

【クイックピック】
ロト6は、1~43の数字の中から6つの数字を自分で選んで購入しますが、数字を選ぶ時に自分ではなくて機械を使い数字を選ぶ事をそう呼びます。

これによって、全くランダムの数字が6つ選ばれます。

【引っ張り現象】
前週で、抽選された本数字6つの中から、今週も1つ以上選ばれる現象の事を引っ張り現象と呼びます。

例えば、前週20が出たのに、今週も20が出ていた感じです。

こう言う現象はロト6だけではなくて、他の宝くじにおいても起きる現象なのだそうです。

この他にも、まだまだロト6で使われる用語はあります。

もちろん、知らなくてもロト6は出来るので、全く大丈夫ですが、知っておくといろんな攻略法を見ていく中で、役立つと思うので、言葉だけでも覚えておくと良いですよ。


posted by タカ at 00:52| Comment(0) | ロト | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。